パチンコ規制緩和が決定!2019年2月から継続率80%の黄金時代へ

Pocket

どうもこんにちは、WATAです。

パチンコ・スロットに次々と規制がかかり、嫌な時代になりつつありますね…。

そんなパチンコの規制について気になっているあなたに朗報です!!

2019年2月に継続率65%規制を撤廃(上限解放)致しました!

ただし、「総量規制はそのまま」という事。

この「総量規制はそのまま」ということがかなり重要でして、一概に喜べないのが現状です…。

では規制緩和の情報を分かりやすく、一つずつ詳しく解説していきましょう。

1.パチンコの総量規制ってなに?

パチンコ総量規制の画像

まずは2018年2月頃からのパチンコ新規制の内容を振り返ってみましょう。

👉現時点でのパチンコの規制内容!!

✔ 6段階の設定が導入

✔ 1回の大当たり出玉の上限が2400発⇒1500発

✔ 4時間遊戯で5万円(12500発)以下に出玉を制限する

✔ 出玉情報を安易に把握できるようにし、射幸心を抑える

✔ 大当たりラウンドが16R⇒10Rに変更

 

となっているのはご存知かと思います。上記がいわゆる「総量規制」なんですね。

そして既に検定を通っている台が、今現在出ている台ということです。

2019年4月現在でも2400発搭載の台はたくさん出ています。

(真・北斗無双2、バイオハザードリノベーションズ、AKB48誇り高き丘、牙狼TUSK OF GODなど)

もうこれ以降2400発搭載の機種がホールに出ることは金輪際ないでしょうね‥‥。

では続いて継続率65%規制を緩和してのメリットを見ていきましょう!

スポンサーリンク


2.継続率65%規制を緩和してのメリット!80%継続が可能か?

継続率65%の画像

最近の台は継続率が似たかよったかで、同じような台ばかり出ていましたよね?

継続率65%規制が撤廃されたことにより、“台のバリエーションが増える”事が一番のメリットと言えるでしょう。

現在の継続率65%規制は、シンフォギアやまどマギのような、1種2種混合機が継続率の壁をぶち破ってくれました。

しかし、その他パチンコ機種の大半が、

  • 継続率65%のST
  • 継続率65%のショートST+時短
  • 継続率65%で確変、35%が通常のバトルスペック
  • 継続率80%のSTだが20%の通常有り(実質65%継続)

 

もう上記4つのような単調な台ばっかりでしたよね。

しかし、継続率65%が緩和という事は、

  • 継続率77%のSTでオール1500発の牙狼
  • 継続率90%STのダンバイン
  • 継続率80%のバトルスペック北斗の拳
  • 継続率80%の花の慶次

と出すことが出来るわけです。(一応は…)かなりバリエーションが豊富になりそうですよねw

※2019/2月現在で規制緩和後の継続率上限がどれほどなのか分かりませんが。

追記:2019/4月継続率の上限は特になさそうです。

全盛期の時には人気だった機種も現在では、息をしていないホールがほとんどでしょう。

この規制緩和により、牙狼や北斗、慶次がまたホールを独占してくれるような状況になる可能性もありますね。

また、継続率65%になってやめてしまった人、行く回数が減ってしまった人も今回の規制緩和により再びホールへ行きだす人もいるでしょう。

しかし、継続率が上がったとしても「総量規制はそのまま」という事で、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

3.「総量規制はそのまま」でのデメリット!結局スピード感は現状のまま?

継続率が70%、80%と上がったとしても、“4時間で5万円以下に出玉を制限しなければならない”ので、スピード感や爽快感のある台はもう作る事が出来ません。

ですから、先程90%ループのダンバインを出す事が出来ると言いましたが、恐らくサミーさんも出さないでしょうね。

追記:4月にゴッドイーターの新台が登場しますが、継続率が91%ありスピード感もそこそこありそうです!

もし牙狼や花の慶次のようなSTタイプもオール1500発にするとしたら、とんでもなく長い演出もしくはかなりのロングSTにしなければなりません。

例えば、現状の新基準機台を参考にしてみると分かりやすいかと思います。

■ 無駄に長い通常時の演出

■ 確変中の煽りの長さ

■ ボーナスの消化が遅い

 

これらは、完全に総量規制のせいです。メーカーが悪いわけではありません!

youtubeでパチ動画を頻繁に上げているベテランで「たぬパチ」という方がいます。

牙狼のTUSK OF GODを打った回の出玉速度をあなた自身感じてみてください。

13:05秒辺りで1回の当たりを引くのに1時間40分以上掛かっています…。

そうなんです。

「総量規制」のせいでスピード感のある台が作れないので、結局は台のバリエーションが増えるだけって事なんですね。

今まで行ったことを覆(くつがえ)すようで、申し訳ありません。

しかし65%規制の時も、各メーカーさんが頭を振り絞ってシンフォギアのような継続率80%の台を作ってくれました。

今回も継続率が上がったことにより、いろいろな台を出せるようになるのは間違いありませんので、あとはどう出玉規制(スピード規制)の部分をかいくぐってくるのかが注目ポイントです。

ここさえ突破してくれればMAXタイプがあった時とまでは行きませんが、全盛期の盛り上がりを見せてくれるでしょうね。

4.まとめ:規制緩和により台のバリエーションは確実に増える!

パチンコの継続率65%の規制緩和についてまとめます。

<2018年2月からの総量規制>

  • 6段階の設定が導入
  • 1回の大当たり出玉の上限が2400発⇒1500発
  • 4時間遊戯で5万円(12500発)以下に出玉を制限する
  • 出玉情報を安易に把握できるようにし、射幸心を抑える
  • 大当たりラウンドが16R⇒10Rに変更

2019年2月以降は上記+継続率の規制緩和ということで継続率の上限解放により、今よりも確変やSTの時間を長く楽しめそうですね!

継続率の緩和だけでなく、パチンコの総量規制も緩和されるようにあなたも私と一緒に祈ってください…。

そして初代の真・北斗無双を超えてくれるようなスペックを出してくれることを期待して待ちましょう!

この記事を気に入っていただけたなら、当サイトのブックマーク、ツイッターのフォロー、LINE@の友達追加をよろしくお願いします。

Pocket


バイナリーで月300万円稼ぐシステムを無料ゲット




バイナリーオプションで勝つためのノウハウや知識、月に300万円稼ぐシステムの無料提供、YouTube上で偽ツールを販売している詐欺師達の実態を暴露します!





パチンコで月30万円稼ぐノウハウを無料公開中





■パチンコ・スロットで勝つことが出来ていない方は勝率を格段に上げる極秘情報をゲット

■私と1対1でパチンコ・スロットなどのギャンブルについての悩み相談を承ってます

もちろん無料コンサルですし、気軽に友達追加していただければという風に思います。