資金管理の重要性!!パチンコ・バイナリーで勝ち続けるコツ

資金管理 重要 勝ち続けるコツ
Pocket

こんにちは、わたがしです。

パチンコやバイナリーオプション、その他日常生活において『資金管理』をすることが出来てますか?

これが出来ないと勝負事で勝っていくことが出来ないですし、借金や自己破産をしてしまう可能性があります。

もしもあなたが、

  • 予定している金額よりも多く資金を使ってしまう(勝負事や買い物など)
  • 普段からお金の計算はあまりせず生活している
  • 先月どれぐらい勝って、今月どれぐらい負けているのかよく分からない

 

上記3つのどれかに当てはまりましたら、必ずこのブログを最後まで読むようにしてください。

動画バージョンはこちら↓

スポンサーリンク


1.資金管理とは何なのか?

ではそもそも、この資金管理とは何なのかということについてお話していきます。

資金管理とは…自分が投資に回せるお金のうち実際にどれぐらい金額を投資するのかを自分自身で管理すること、将来的な資金の動きを予想することですね。

私のLINE@でもこの資金管理が疎かになっている人がいらっしゃって立ち回り方、やり方は上手なんですけど上手く成果を出すことが出来ていないという人が結構います。

2.パチンコ・バイナリーで勝つための3M

BO(バイナリーオプション)とかFX、それからパチンコ系でもそうなんですけど利益をあげ続けるために必要なものとしてよく”3M”で表されることがあるんですけど、なんだか分かりますか?

1.method(メゾット) 手法
2.money(マネー) 資金とか資金管理
3.mind(マインド) メンタル

 

私も色々なYouTube動画でこの3つについてのお話をしてきたと思うんですけど、これら3のうちどれか1つでも欠けてしまうと勝負事で勝ち続けることは不可能となってしまいます。

で、今ほど資金管理とは、将来的な資金の動きを自分自身で予想し管理することと言いましたが、これは別の言い方に変えることも出来ます。

それは…

「お金を失う・減らすリスクとどう向き合うか」ということなんですね。

バイナリーでもFXでもパチンコでも100%勝てるという事は有り得ません。

私でも、1日単位で言ったらもちろん負けることがありますので、100%ということは有り得ないわけです。

勝負事で勝った時にリターンがあるということは必ずリスクがつきまとうので、このリスクを許容しながら上手にリターンを得るためにはどうすべきかというテクニックを常に頭の中で考えてあげる必要があります。

3.リスクヘッジするためにはどうすべきか?

では次にですね、このリスクヘッジをするためにはどうすべきなのかというのを3つ紹介したいと思います。

3-1.一回の投資金額を定めること

資金が少ないうちから大きめの金額でトレードをする方が初心者で結構いらっしゃるんですけど、絶対にやめてください。

投資の世界では2%ルールって言葉があるんですけれども、バイナリー・FXなど投資の場合、自己資金の2%以下の金額でトレードをするのが破産しない、上手にやりくりするコツなんですね。

例えば…

自己資金が10万円であれば2%は2000円なので1トレード2000円まででトレードをするということです。

もちろん資金が増えていけば、トレード金額を増やしても良いですし逆に資金が少なくなれば1000円に落とすとか、1000と2000円を使い分けてトレードをするとかそういった工夫も必要になってきます。

パチンコの場合は1回の稼働で2000円では無理があるので、2万円上限3万円上限など金額に上限を設けて打って、それ以上は使わないなど徹底してください!

3-2.自分が思った方向と逆に相場が進んでいる場合は(損切り・転売)をする

ただし、ここ重要なんですけど、バイナリーオプションで転売をするという行為は自分のエントリーポイントに自信がない証拠なので、「なら最初からポジションを確保しないよね」っていう話になってきます。

なので難しい部分ではあるんですけど、自信がないポイントでは絶対に取引をしないでいただきたいですけど、『どうしてもエントリーしたポイントから相場が真逆方向にガッツリと伸びてしまった…。』

そういう時はためらいもせずにしっかりと(損切り・転売)をするということを意識していただきたいと思います。

※FXの場合は損切りで、バイナリーの場合は転売です。

ちなみに、損切りするか心に迷いが生まれた場合は絶対にしないほう良いです。

理由は自信喪失につながるからです。

先程言ったのでわかると思いますが、自分が取引すると決めたエントリーポイントを何回も損切りしてしまうと自分のやり方に自信がなくなる、信用出来なくなります。

なので私はバイナリーで転売という機能は絶対に使用しません!

3-3.使用して良い金額と最大許容損失額を決める

投資をやる場合、あるいはパチンコなどでもそうなんですけど、自分が保有している総資産の10%~20%使用するのが望ましいと言われております。

総資産というのは、貯金額・預金額・へそくりなど全部入れた資産ですね。

この10%~20%というのは例えば…

全部こみこみで200万円持っているという方でしたら、10万円~20万円の資金を投資に使うことが出来るということです。

ただここで問題なのが結婚してて毎月お小遣いとして2万円や3万円もらっている場合です。

この場合は、投資の他に使用するお金を最初に弾いて残りの金額を投資に回すというのが筋ですね。

例えば、仕事の休憩中に缶コーヒーを月に20本くらい買うのでしたら1本100円だとして2000円掛かるし、他にもゲームを買って8000円ほど使うのなら合計1万円となるので、それ以外の1万円や2万円を勝負事に使うみたいな感じが理想です。

続いて、最大許容損失額というのは名前の通りなんですけれども1日単位1週間単位、1ヶ月単位でどれぐらい負けても生活に影響が出ないのかとかトラブルはおこらないのかというのを表す金額の上限のことを言います。

これは1つ目でもお話した1回のトレード金額を定めるのと同じで、一日いくら負けたらその日はトレードをきっぱりとやめるとか、一週間でいくら以上使ったらその週はもうトレードをやめるとかそういった決まりを作るために最大許容損失額を定めてください。

自分がどれだけお金を使っても大丈夫なのか、生活スタイルや収入・支出に合わせて答えを出すようにしてください。

間違っても自分に甘く設定しないようにしましょう。

これに関してなんですけど、私が過去の動画で何回も言っているように、“収支表”を使用して毎日の収益を記録していくのが最も効率的です。

私のバイナリーオプションのほうのLINE@に入っている方は、私がエクセルで作成した収益管理表を配布してますのでそちらを利用してください。

パチンコの収支表などは、Googleプレイとかアップルストアで収支表と調べれば出てきますのでそちらをダウンロードして使ってください。

4.まとめ:資金管理が出来なければ負け組確定です

今回は資金管理についてお話しました。

👉リスクヘッジするための方法3つ!!

1.一回の取引金額を定める
2.自分が思った方向と真逆方向に進んだ場合は(損切り転売)する
3.使用して良い金額と最大許容損失額を決める

 

これら3つを徹底的に意識して資金管理をおこなってほしいという風に思います。

では、最後に1つお話して終わりにしたいと思います。

何回も言うようですが、資金管理はメチャクチャ重要でここが崩れるとマインド・メンタルにも直接影響を受けてしまいます。

というのも一般的に[資金の30%のドローダウンを短期間で味わうとメンタルが崩壊する]と言われております。

このドローダウンというのは、自分が稼いだピーク時の金額から減少した尺度です。

つまり自分が稼いだピーク時が100万円だった場合、70万円まで減ってしまうとメンタルが崩壊するということです。

メンタルが崩壊するとどうなるのか、再三動画などで言っているのでご存知だと思うんですが、冷静になることが出来ずルールも完全に無視で暴走してしまいますので、トレードで勝っていくことは不可能になってしまうんですね。

過去の動画で私は”プロスペクト理論”とか”抑制コントロール”の動画で説明しましたが、人間は欲望の塊で出来ているので一度失った資産はなんとしてでも取り戻そうとしてしまうんですね。

これは自然な行為ではあるんですが、悪循環を生んでしまって資金を無くしてしまいます。

なので資金が大きく減らいないようにしっかりと自分自身で資金管理をする、リスクヘッジをすることがかなり大事になってきますので、今回の記事を何回も読んで理解を深めてください!

バイナリー・FX・パチンコで勝ち組になりましょう!

より深い相談に関しては、直接LINE@から連絡してきてください。

パチンコLINE@

バイナリーLINE@

それでは、また!!

Pocket


バイナリーで月300万円稼ぐシステムを無料ゲット




バイナリーオプションで勝つためのノウハウや知識、月に300万円稼ぐシステムの無料提供、YouTube上で偽ツールを販売している詐欺師達の実態を暴露します!





パチンコで月30万円稼ぐノウハウを無料公開中





■パチンコ・スロットで勝つことが出来ていない方は勝率を格段に上げる極秘情報をゲット

■私と1対1でパチンコ・スロットなどについての悩み相談を承ってます

もちろん無料コンサルですし、気軽に友達追加していただければという風に思います。