姫神プロトコルの全貌!UKHトークンで億り人が確定【完全攻略】

姫神プロトコル
Pocket

史上最強のDEX案件である、姫神プロトコルの「UKHトークン」のプレセールが、7月28日からスタートします。

先行者利益を存分に味わえる“希少価値の高い”トークンとなりますので、必ず手に入れてください!

👉 わたがし仮想通貨LINE@で最新情報を受け取ることができます!

https://line.me/ti/p/%40835hgvoz

■動画で全てを見たい方はこちらからお願いします↓

スポンサーリンク


1.姫神プロトコルとは?

姫神プロトコルとは

姫神プロトコルとは、日本初のアルゴリズミック型 円ペッグステーブルコインのKGR(神楽)、自社IPであるフルボイスNFTガチャゲーム「姫神コレクション」、SHINOBIウォレットを中心とした、日本・中国・ベトナム・韓国で行われているプロジェクトです。

難しいと思いますので分かりやすく説明をすると…

「SHINOBIウォレットを世界中に普及しまくってKGR(神楽)トークンで安定資産を形成しつつ、更にプレセールでしか購入できないUKHトークンを存分に活かして高額の配当金を貰いまくろう!」というのが主旨です。

そのSHINOBIウォレット内では、姫神コレクションというNFTゲームでキャラクターをステーキングする機能があったり、UKHトークンを消費して広告を出して収益を伸ばしたり、UKHトークンをステーキングして更なるトークンを入手したり…。

全ての作業を「SHINOBIウォレット内で完結」させ、簡単操作で理想的な収益メカニズムを作ることができます。

そう、今までのプロジェクトとは一味も二味も違う、まさに史上最強のDEX案件と言えますね。

ペッグ…為替レートを、ある特定の水準に固定もしくは変動を極小幅に限定する制度。円ペッグであれば、日本円とほぼ同じ動きになるように、水準を合わせているということ。 例えば、USDTはドルと連動している動きをする。これをペッグと言う。KGRトークンは日本円にペッグしているということ。

ステーブルコイン…安定した価格を実現するように設計された通貨。USDT、USDC、DAIが良い例。

2.KGRトークンについて

KGR神楽トークン

KGR(神楽)トークンは、今回のプレセールの販売対象ではありません。

実は、姫神プロトコルプロジェクトを立ち上げていくために、2020年12月頃にプレセールされて既に上場しているトークンなんです。

KGRのレートは常に1円固定であり、ステーブルコイン(安定通貨)のような役割を果たしてくれます。

Q.「レートは常に1円固定とありますが、実際にはレートが1.5円になったり、0.7円になったりしませんか?どのように1円に調整しているのでしょうか?」

A.「KGRは毎日23時にAIにより自動調節が行われます。例えば1.5円になっていれば、それを1円に戻すためにKGR保有者にKGRトークンが自動で配布され、反対に0.7円になっていれば、1円に戻すためにKGR保有者からKGRトークンを自動回収するという仕組みになっています。この仕組みのことをリベースと言います。」

実際、2020年12月から2021年7月までウォレット内でKGRを保有している人のKGR枚数は7か月間で約8倍になっているという事実があります。

ただし、このKGRトークンはあくまで最終的に基軸になる安定資産ですので、KGRの仕組みを活かしながら儲けることができるのは、UKHトークン保有者という感じになります。

3.UKHトークンとは?仕組みと配当について

7月28日から始まるプレセールで販売されるのが、このUKHトークンとなります。

UKHトークンは2種類あります。

  1. sUKHトークン(読み方:ストックウケイ)
  2. bUKHトークン(読み方:ボンドウケイ)

≪それぞれの意味≫

  • ストック=株式(SHINOBIウォレット全体利益の70%を配当/月利15%)
  • ボンド=社債(集めた資金を全て運用に回し月利3%を配当)

3-1.sUKHトークン

sUKH保有者は、SHINOBIウォレット全売上の70%の配当をETHで受け取ることが出来ます。

プレセール終了後は、市場でsUKHを購入することはできません。理由は、sUKHトークンは上場しないため。

後ほど解説しますが、プレセール終了後にsUKHを手に入れるためには、bUKHを市場で購入してからsUKHを購入するしか方法は無いです。

しかし、bUKH⇒sUKHに変換する時は2倍のbUKHが必要となり、所持している50%分のbUKHはバーンされます。

例えば、10,000bUKH保有していたとして、sUKHにしたい場合、10,000の半分である5,000sUKHしか手に入れることができません。

bUKHは変換時の50%がバーンされるので、bUKHの価値もどんどん上昇していくことになります。

つまり、プレセール時はsUKHを購入するほうが遥かにお得だということです。(プレセール時は2.8倍も安く購入が可能)

次にsUKHの配当に関してですが、SHINOBIウォレット内でsUKHトークンを保有するだけでETHを受け取ることができます。

配当の割合ですが、SHINOBIウォレット全売上の70%がトークン枚数に応じて配当されます。

sUKHトークンを多く保有すればするほど、貰えるETH数も比例して多くなります。

配当推定:2021年12月時点でウォレット売上が2億円、合計配当金額で約1.5億円を想定しているらしいです。その時点でsUKH保有者全体の保有枚数が10億円分あれば、ユーザー1人1人に配当される金額は月利15%ほどになります。(100万円分sUKHを保有していれば、15万円の配当が見込める)

3-2.bUKHトークン

bUKHトークン保有者は、月利3%の配当をKGRで受け取れます。(30%枚数のKGRを配当なので、100枚なら30KGRが入る)

bUKHを販売する時に得たETHは、全て運用費に回していくので、bUKHの価値が上がろうが下がろうが「最初にステーキングしたbUKH枚数に対しての月利3%」は揺ぎません。

相場の状況など一切関係なく、永久的に3%の配当を受け取ることが出来るのが強みです。

sUKHは、SHINOBIウォレットの売上に依存してしまいますが、bUKHは3%配当を確実に受け取れるので、

  • 堅実に資産運用をしたい方はbUKH
  • 少額から億り人を目指す方はsUKH

というふうになります。

bUKHは9月15日にユニスワップ&ヤマトスワップに上場予定です。

4.プレセール日程と販売情報

プレセール日程

【sUKHトークン】

1枚 7円
購入通貨 ETHのみ
上限枚数 sとb合計で5億枚
販売期間 7月28日18時~8月27日
上場予定 無し

 

【bUKHトークン】

1枚 7円
上場価格 10円
ロックアップ 無し
購入通貨 ETHのみ
上限枚数 sとb合計で5億枚
販売期間 7月28日18時~8月27日
上場予定 9月15日

※7月28日以降、SHINOBIウォレット内でもUKHを購入することができますが、20%割高になっているので、必ず私のフォームから購入してください。

5.UKHトークンのロードマップ

UKHトークンのロードマップ

7月19日
▶ ウォレットリリースの発表

7月下旬
▶ Swap機能実装
▶ DeFiプロジェクト2~3と提携発表
▶ ガチャゲーム姫神コレクション開始
▶ NFTプラットフォームの発表

8月~9月
▶ NFTプラットフォームを一般公開
▶ bUKHの上場
▶ AIの運用システムを導入

▶ UKHをidcmなど中身取引所3箇所に上場
▶ iznmとizngトークンの詳細を発表
▶ iznmはステーキング報酬、izngは販売
▶ アプリ内広告などユーザー参加機能をリソース

10月
▶ Uniswapなどとは全く違う新しい計算方法のプログラムをローンチ
▶ 未来予測市場をオープン

11月~12月
▶ 海外取引所に上場予定
▶ 国内取引所に上場予定

~ウォレット売上2億円~

6.SHINOBIウォレットについて

SHINOBIウォレット

SHINOBIウォレットの開発会社は「FGRAPH OU(エフグラフ)」で、DeFiブロックチェーンに関するプロが集結しています。

プロジェクトの一部には、合同会社「safed」も関わっており、かつてKGRトークンを8倍~9倍の価値にした実績のある会社です。

SHINOBIウォレットは、sUKH・bUKHを保有するためのウォレットだけではなく、メタマスクやトラストウォレットに勝る点がたくさんあります。

【SHINOBIウォレットのダウンロードはこちら】

■Apple

https://apps.apple.com/app/fgraph/id1572609905

■Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=io.fgraph.shinobiwallet

 

①AppleStoreやGooglePlay、ブラウザ版のウォレットが既にある

メタマスクは、ブラウザとアプリどちらも対応していますが、トラストウォレットはアプリ版しかありません。

また、メタマスクなどはランドスケープ表示(画面を横にしたとき自動で横になる)はできないが、SHINOBIウォレットは対応しています。

②マルチチェーンの追加をワンタップで行うことが出来る

メタマスクなどは、チェーン(例;BSC)を追加する時に必要な情報を入力しなければならない手間がありますが、SHINOBIウォレットはその手間がありません。

メタマスクが対応する全てのチェーンに対応、その他いくつかのマイナーチェーンにも対応しております。

チェーンの追加はワンクリックで可能です。

③BTCに対応している(今後実装予定)

メタマスクなどはビットコインに対応していませんが、SHINOBIは8月中にBTCと各種トークンが取引可能になります。

スワップ手数料が圧倒的に安い

メタマスクはUniSwapやPancakeSwapとコネクトしたり、スワップするのが初心者には難しいです。

トラストウォレットは、ウォレット内のスワップ手数料が高く、クロスチェーン取引は行うことが出来ません。

SHINOBIは、外部接続などの難しい作業は一切なく、ウォレット内で簡単にスワップが可能です。

クロスチェーン取引の場合も、他社のスワッププールを横断して、一番格安なスワップパターンを算出してくれます。

ウォレット内でステーキングがワンタップで出来る

メタマスクなどはステーキング機能がなく、自分でDeFiサービスに繋げて運用していく必要があるので、初心者には操作が難しく管理リスクが非常に高いです。

SHINOBIはウォレット内にトークンを購入する機能や、ステーキング出来る機能が搭載されているので、運用の全てをSHINOBIウォレット内で完結できるのが最強です。

⑥ウォレット内で運用状況や運用実績の全て確認することが出来る

現在の資産残高、配当、金利、各DEXの運用実績、運用進捗状況などを全て確認することが出来ます。

また、トランザクション毎の法定通貨建てで時価を表示できるので、税務申告の際にかなり便利になるサービスでもあります。

今後、DeFi市場の定番ウォレットになることは間違いありません。

⑦SHINOBIウォレット内にNFTが連動している

姫神コレクションに関しては後ほど説明しますが、既にNFTがほぼ完成しており、それがSHINOBIウォレット内に実装されます。

⑧メタマスクやトラストウォレットからSHINOBIウォレットにデータ移行が可能

メタマスクなどを作成する際に「16個のシードフレーズ」を作成しますが、それをSHINOBIウォレットに入れることで全てのデータが反映されます。

データを移行しても既存のウォレットにデータが残っている状態なので、SHINOBI内で取引をした際は、既存のウォレット内の通貨も連動して増えたり減ったりします。

⑨詐欺的なステーキングを先に監査してマークとして出してくれる

世の中には詐欺的なトークンも多く存在していまして、そこでステーキングをすると大切な資産を全て失ってしまう可能性があります。

それらを自分でリサーチするのは時間が掛かりますし、何よりも経験が必要になるので、初心者には難しいです。

SHINOBIウォレットの場合は、プロの監査チームが徹底的に案件を調査して、それをSHINOBIウォレット内でマークとして表示しれくれます。

つまり、「利回りの良い案件・利回りの悪い案件・詐欺の可能性が高い案件・優良な案件」を自分で探す必要がないということですね。

7.姫神コレクション(NFT)

姫神コレクション

SHINOBIウォレット内に装備されて、そこから姫神コレクションを楽しむことができます。(実装は7月末~8月中旬)

≪内容≫

姫神コレクションでは、レベルアップ/ステーキング/進化/Sレアチャレンジ/マーケットを実装しています。

5人の女の子が主役でして、それ以外にも数多くのカードがあり、カードにはレアランクがあります。

レアカードを集めるためにはガチャをおこなう必要がありまして、ガチャをする際は「ETHかMATICかUKH」が必要になります。

レアカードをゲットすると、そのカードを姫神コレクション内でステーキングすることが出来ます。

ステーキング報酬は、姫神コレクションの売り上げを配分する形になります。

詳しいことを言えば、姫神コレクション内では「舞」というゲーム用のトークンを使用します。

ゲーム内では「舞」を強化することができ、強化することによってステーキング報酬が増えていきます。

舞に関しては、ゲーム内で使用&消化という形です。

利確するためには「舞」を増やしまくって、ステーキング報酬として「ETHかmaticかKGR」を受け取れます。

このように姫神コレクションで遊ぶことによって「ETHかmaticかKGR」も増やしていくことが出来ます。

ギャンブル性としてはパチンコくらいの還元率(85%~95%)程度。

「ゲームに参加してお金に変わる」というNFTは現状2社くらいしかありません。そして声優を使った日本初のフルボイス型となっています。

姫神コレクション2

8.プレセール後のマーケティングについて

  • 某有名仮想通貨インフルエンサーによるSHINOBIウォレットの宣伝
  • 若者に大人気のグループ(YouTuberではない)よる宣伝
  • 某有名歌手がテーマソングを作成
  • 海外のインフルエンサーが一斉に宣伝

既に記事comに取り上げられてますが、今後は大手メディアへの露出、有名人の起用や海外進出を予定しています。

姫神プロトコルプロジェクトが有名になるのも、時間の問題と言えますね。

9.プレセールではsUKHを購入すべし!

プレセールでしか手に入れることが出来ないsUKHトークンを手に入れることができれば、将来的に配当額がエグいことになります。

■sUKH+bUKH=最大で5億枚の販売

■今回のプレセールで合計3億枚が売れる

■市場でbUKHを買いたい人がいても、bUKH保有者が売らなければbUKHを買いたくても買えない

■それでもbUKHを買って、50%バーンしてでもsUKHを求める人が出てくる

■bUKH+sUKHの合計枚数はどんどん減る

■1枚あたりの価値がみるみる増える

そう、プレセールで購入できた人は、本当にプレミアムな権利を得ることが出来ます。

今回のプレセールで購入した人がbUKHを売らなければ、プレセール後の市場でbUKHを購入できる人が0人ということになります。

運営さんは、sUKH保有者が最終的には数十名になり、最後までついてきてくださった方にだけ配当額が1,000万円~1億円を超えるような仕組みを作ったようです。

なので、7月28日からのプレセールでは、必ずUKHトークンを手に入れてください!

【わたがし仮想通貨LINE@はこちら↓】

https://line.me/ti/p/%40835hgvoz

【わたがし仮想通貨YouTubeチャンネルはこちら↓】

https://www.youtube.com/channel/UCsNGhQCU-LK_whD4_ka3etA

【WWWLトークンの詳細↓】

https://hilcrhymer.com/wwwl-project/

WWWLトークンの全貌!超大型DeFi+NFTプロジェクト【完全攻略】

Pocket


バイナリーで月300万円稼ぐシステムを無料ゲット




バイナリーオプションで勝つためのノウハウや知識、月に300万円稼ぐシステムの無料提供、YouTube上で偽ツールを販売している詐欺師達の実態を暴露します!





パチンコで月30万円稼ぐノウハウを無料公開中





■パチンコ・スロットで勝つことが出来ていない方は勝率を格段に上げる極秘情報をゲット

■私と1対1でパチンコ・スロットなどについての悩み相談を承ってます

もちろん無料コンサルですし、気軽に友達追加していただければと思います。